048-954-7680

本社所在地:〒340-0833 埼玉県八潮市西袋687-1 FAX:048-954-7681

カシメ加工ならサンテクスへおまかせ

TOP > 切削+○○ > 圧入・カシメ・ネジ締めなどアッセンブリならお任せ

小物のカシメが得意です

カシメ加工でお困りの事がございましたら、ご相談ください。

カシメ加工とは

素材を変形させて他物と固定する加工をカシメ加工と呼びます。

カシメ加工は、塑性変形する材料を使用して相手部品と接合させる加工方法で機械的接合の一種です。
実際には金属板に立つピンの固定、金属板同士の固定等で行われる加工になります。

ひと昔前は、ビデオデッキ、ウォークマン、ラジカセ、CDプレイヤー、ゲーム機の内部の基盤に、多くのピンが立っておりカシメ加工の仕事はたくさんありました。
その仕事はプレス屋さんが行っていました。

現在、電子化が進み、上記の商品は無くなったり海外で生産したりで国内でのカシメ加工の仕事は減ってしまいましたが、建築金物や家電、医療機器においてカシメ加工を必要とする部品がまだあります。

そんなカシメ加工の仕事をサンテクスはしています。

カシメ加工の対応素材

ステンレス、アルミ、銅、鉄など

カシメのメリット・デメリット

カシメ加工と他の接合方法(溶接、ネジ、接着剤など)との比較

  • ・接合部がきれいに出来る
  • ・接着剤等を使用しないため、コストを抑えられる
  • ・溶接よりも速く加工出来、生産性が高い
  • ・金属&プラスチック、異種金属の接合が可能
  • ・振動しても緩まない
  • ・加工時に加熱する必要がない為、熱を嫌う場所にも使用できる

カシメ加工の種類としては、主に以下の方法が挙げられます

  • ・スポットカシメ
  • ・スピンかしめ(※)
  • ・リベットカシメ
  • ・ハゼ折りカシメ
  • ・シーミング
  • ・巻き締めカシメ
  • ・コーナーカシメ

(※)スピンかしめ

スピンかしめとは、穴が開いたワークにリベットを通して、回転したポンチによってリベット先端を加圧して潰すことにより、部品同士を接合する方法です。

インサート側のかしめ部分は、ポンチ先端の形状によって山形や丸形から、平形、鍋形など様々な形状に変更することができます。

スピンかしめは、ポンチが回転しながら加圧するため、一般的なプレス式のリベットと比較して、余分な力を加えることなく、必要最小限の力で接合させることができます。

そのため、寸法のずれも生じにくく、より高精度に接合することができます。また、リベットとの接合部分に隙間を確保できるため、可動部の接合にも適します。

また、よく似た接合方法として、クリンチング・ファスナーによる接合があります。

クリンチング・ファスナーは板材がクリンチング・ファスナーの溝部分に入り込むことで固定する接合方法のため、リベットが変形するリベットかしめとは異なります。

パイプ + カシメ の加工事例

パイプをただ平面に潰すのではなく工夫したカシメをすることにより強度が向上

3部品を組み込み一体化

角度の異なる箇所に3か所圧入

偏芯箇所に圧入

圧入したピンの抜けを防ぐカシメ加工事例

カシメ加工1

カシメ加工2

ヒンジ部のピンの抜け防止(ピンの固定)

カシメ加工3

旋盤加工 + カシメ加工

3部品を組み込み一体化

3部品を組み込み一体化精度出し、切削追加工→圧入→穴あけ→圧入→カシメ

パッチン錠

パッチン錠
サンプルを基に図面化をし、溶接、カシメ、組み立てまで対応しました。

ヒートパイプ

ヒートパイプ
18か所の溶接→同時カシメを行い、コスト低減をしています。

カシメ加工用設備

カシメ加工3

カシメ加工でお困りの事がございましたら、
お気軽にご相談ください。